女医さんの漢方相談 「不妊は毎月治療でき毎周期にチャンスがある」


16/12/30


山形県東根市神町中央通り ㈱土屋薬局 薬剤師、不妊カウンセリング学会会員、認定不妊カウンセラー 土屋幸太郎





女医さんの漢方相談 「不妊は毎月治療でき毎周期にチャンスがある」

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

ブログなのに、久しく更新が滞ってしまいました。

さて、最近の店頭で漢方相談していて、心の中に残っていることを書き記したいと思います。


まずは、お客様のKさまが久しぶりに来店されました。

「親子三人」での来店だったことです。

Kさまは、平成16年7月26日が初めての相談。

結婚1年半で無排卵。

クロミッドを2回服用してご懐妊されたが、子宮外妊娠で左の卵管を摘出されていました。


経過は、「子宮外妊娠後の漢方相談」にも記載しております。


その後無事に今年の2月に自然分娩で安産で、元気なお子様を出産されました。

目鼻がパッチリとした好男子の赤ちゃんで、とにかくビックリしたのですが、家族3人とも元気そうで本当に良かったなあと思いました。

Kさまとの相談で私も勉強になったことは、漢方でも十分に排卵障害に対応できる場合があり、自然妊娠に役立つ可能性が十分にあることでした。

それ以来、無排卵のかたのご相談には、積極的に応じています。


次に、先週のご相談だったのですが、女医さんからのご自身の不妊症での子宝の漢方相談がありました。

D3でFSHが6~7だったのが、最近の検査でFSHが18に上がっていてショックを受けたそうです。

セロフェン、HMG、HCG、プラノバールで、セロフェンの服用により子宮内膜が5ミリと薄くなったこと。


今度、3個凍結しているのを、戻されるので、その間に漢方で「健康な体作り、子宮内膜を整えたい」とのことでした。

やはり専門職なので、お話がスムーズで私も相談がしやすかったです。


医師の立場から言えば、「疾患では「一生に一度しか治療できないチャンスの病気」は多々あるが、不妊の場合には、毎月治療できる。毎周期に治療できるチャンスがあるので、積極的に考えています。」というお言葉が印象的でした。

また「私は専門職で知識があるのでパニックにはなりませんが、普通の女性の人だったら、右往左往に迷ってしまうのではないか」とも申していました。

うーん、なるほどと思いながら、私曰く「最高の漢方」をお勧めさせて頂いております。

今日は、最近印象的な話の紹介でした。

桜じゅうたんの若木山公園

<2008年4月25日 桜じゅうたんの若木山公園>

ラフランスの花

<2008年4月25日 ラフランスの花>








おりものと不正出血の漢方

おはようございます。

今年の2月から相談しているお客様がいらっしゃいます。

20代で可愛らしい女性の方で、笑顔が素敵です。


1)おりものが多い

2)不正出血


子宮頚管炎、子宮膣部びらんです。

高校時代から不正出血があった。

おりものが多い。

水っぽくて、白っぽい濁った感じ。臭いもあります。

経血量は全般的に減ってきた。

色がどす暗く、粘り気がある感じ。

生理痛はありません、血塊もありません。

症状があるときには、クラビット錠、セルベックス、クロマイ膣錠などを使っています。


~2月からその後、試行錯誤を繰り返しながら相談しています。


先月の6月がおりものの漢方処方に行き詰まりを感じました。


思い切って梅雨時の季節に合うような処方に変更しました。


昨日のお電話では、「不正出血が止まっている」とのことで嬉しく思った次第です。

頭のグラグラする感じも無くなったそうです。

白っぽいおりものはまだあるそうです。


引き続き良い方向に行って頂きたいと願っています。

露草

<2008年7月30日撮影 「露草」>








今週の漢方相談会 「養生7分、くすり3分」

おはようございます。


いつも月曜日の朝に、「土屋薬局 中国漢方通信」のトップページで、「今週の漢方相談会」のお知らせをしています。

今日からログするためにも、こちらのココログ版で保管していこうと思います。

後から振り返ってみて、「ああ、あの日はこうだったなあ」と自分の記録にもなりますので、転載させて頂きます。


「今週の漢方相談会のお知らせ」 08/10/19


先週の漢方相談会は、大勢の地元のお客様たちの来店がありました。

最近は、友人の紹介など口コミも多いです。


実際に良い結果となられた方からのご紹介は、こちらも相談がしやすいです。


「養生7分、くすり3分」とも言われます。


食生活を聞いてみたら毎晩お酒ばかりという人もいました。

人間の健康を形作るのも「食事」ですから、自分自身も食養生に気をつけようと思いました。


ほかは、中国人のお客様が来店されまして、「祖国医学=中医学」について説明することができました。

その方の出身地は、まだ訪れたことがありませんので、いつの日か旅行に行きたくなりました。


中国の人と話が出来るものも、これもひとえに中医学を学んで実践しているお陰でして、また心が大陸に興味を持ってきました。

わたし事ですが、来月は長崎県に講師の依頼があります。


「人生2回目の長崎県」でしかも、講演を4時間もする予定なので、今から気合というか気持ちが入ってきています。

どんな旅になるのでしょうか? 

薬剤師、国際中医専門員A級、不妊カウンセラー(NPO法人日本不妊カウンセリング学会員)  土屋幸太郎記


ではでは、今週もご愛読よろしくお願い致します。







子宝漢方でFSHが順調に下がっている話と秋の夜長の「冬の夢」の話(2)

こんばんは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。


昨日はまる一日、山形市の遊学館というところで、公認会計士の先生が主催する経営セミナーに参加していました。

薬剤師でこのようなセミナーに参加することは、とても珍しいことなのだそうです。

周囲の方々は当然異業種の人たちで、とても刺激になっています。

金融の銀行の話や営業の話などを聞いてきましたが、頭に残っていることは


「企業は人、人は財産」

「銀行は健全な収益力のある企業が好き」

「銀行は融資が商売なので、本当は融資したいのだが金融庁が厳しい」

などでした。余談ですみません。


さて、本日漢方のココログに書きたいことは2つあります。


1)子宝漢方服用でFSHが下がっている話

2)「秋の夜長の「冬の夢」」の続きの話です。


1)不妊症の子宝漢方体験でFSHという不妊治療に関係のあるホルモンの話です。

8月29日に隣県より相談にいらしたお客様です。


(最近、メールで不妊症の子宝漢方相談を希望されるお客様が多いですが、FSHが高い卵巣機能低下の方。子宝の漢方相談の場合には実際に来店されるのが望ましいです。顔色や性格なども分りますので、子宝の漢方相談が精度が高くなります。何事も楽をしては駄目ということだと思います。本当に良い結果、妊娠出産を願う場合には土屋薬局まで足を運んでくださいね。)


8月29日が土屋薬局での初めての子宝の不妊漢方相談でした。


以前に他店で相談されたことがありましたが、そのときの漢方薬で生理痛が良くなった。

生理のときの経血の血塊も減ったそうです。


私が応対させて頂いたところによると、胃腸が弱い感じとお見受けしましたので、


○血流を良くする漢方

○胃腸を丈夫にして、ストレスを緩和する漢方

○麦芽を炒ったもの

○養血調経(ようけつちょうけい)の漢方


30代のお客様でした。


申し遅れましたが不妊症治療で目安となる大切なホルモン、FSHが14とのことでした。


(FSHとは卵胞刺激ホルモンで卵巣機能が低下してくると上がっていきます)


土屋薬局の不妊症の子宝漢方を真面目に服用した結果、9月24日には、FSHが8・8まで下がった。

PRL(プロラクチン)
も下がった。


さらに不妊症の子宝漢方を続けた結果、先日の10月22日ではFSHが6・6まで下がった。

とのことで順調です。


不妊クリニックの治療にも土屋薬局の子宝漢方が役立っているようです。

その都度、漢方処方は変更したりして決め細やかに対応させて頂いています。


FSHが下がるということは、卵巣機能の若返りなので、うーん、特別な漢方ではないけれども、良い傾向で嬉しいなあと思う今日この頃です。


次のお話は、秋の夜長の「冬の夢」の続きです。

秋の夜長は、ぐっすりと良い眠ることが大切です。

前回の話はこのような内容でした。



また同じ日に来店された東根のお客様は、高温期になると夢を毎晩見るそうです。


その方は、基礎体温も高めの体質です。

それらも含めて高温期の対策の漢方をお勧めしました。

方相談においても「夢」を重要視しています。

無排卵だった方が、夢をよく見ていたので、「夢対策」の漢方を揃えて周期療法をお勧めしましたら、排卵するようになって昨年に出産されたり、しばし「夢」の話もお聞きしながら、不思議な感覚に襲われることもあります。「夢漢方」でしょうか。


ちょうど高温期の処方だけお勧めしたのでした。


3種類の漢方のうち、一つは天王補心丹(てんのうほしんたん)という「枕元に漢方の神様が立って夢の中で処方を教えてくれた」という「夢」のような伝説のある漢方薬です

さて、10月7日にその漢方を服用してからは、10月20日のお話ではその日以来、夢を全然見なくなり毎晩ぐっすりと眠っているそうです。

また思わぬ「副作用」としては、生理痛がひどくて1日にイブを4錠服用していたのが、漢方を服用することにより鎮痛剤をまったく服用しなくても良くなったそうです。


10月20日に相談では、今後は低温期の処方を考えますので「基礎体温が高め」のことを考慮しつつ低温期の周期療法をお勧めしました。

素直で明るいお客様なので、私も相談が楽しいです。

秋の夜長にぐっすりと眠ることは、お肌にも生理にも良いことが多いでしょうね。

皆様は今宵はどんな夢を見たりするでしょうか?


神町西 「柿の木」

<2008年10月22日撮影 神町西 「柿の木」>

神町西 「柿の木」


土屋薬局では、婦人病の漢方相談に
積極的に取り組んでいます。

子宝が龍の乗ってやってきた

漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。

漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237-49-1651)
お電話(0237-47-0033、0237-48-2550)で。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。


女性のための漢方レッスン

婦宝当帰膠は日中友好の印。婦宝当帰膠の中国研修レポート

漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!あなたのその不調、漢方におまかせ!


不妊症の漢方早わかり!子宝漢方のツボ



こちらのコラムも参考になれば嬉しいです。


土屋薬局 中国漢方通信へ戻りましょう!