親になること、家族になること


10/03/15

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

過去のココログの記事特集です。

ちょうど我が家でも福寿草が咲いて、早春を実感しているところです。10/03/15記

2007.03.22

杵屋の贈り物

杵屋の贈り物
携帯から投稿です。


昨日は私は不妊カウンセラーの試験も兼ねて、
勤務していたのですが、午後に「土屋先生いますか?」と若い
声が聞こえてきましたので、ふと目を上げると、
親子3人のお客様たちの来店でした。


昨年の9月に男の子を出産したそうで、
パパとママに似て、眉毛がきりりとして、
目立ちがはっきりとした赤ちゃんでした。


お腹が張って、妊娠7ヶ月から2ヶ月間ずっと入院しっぱなしで、
安静にしていて、やっと退院したら、予定日よりも早く
退院後2日目に産まれたとのことでした。


親子3人は、しばらく居られまして、
私は赤ちゃんまで抱っこしてしまいました。


赤ちゃんは白衣を着ている人を見ると、病院を思い出すのか、
顔つきが変わるそうです。


このお客様は、結婚2年目で一度5〜6週で流産されたとのことでした。
(誘発剤で妊娠しました)


ホルモン検査では少しバランスが悪いこと、
クロミッドを服用してから子宮内膜が薄くなったことなどが
漢方相談のテーマでした。


食欲はあまり無くて、それは勤務している会社のストレスで
過敏性腸症候群にもなったそうです。


申し送れましたが、20代後半の若いご夫妻です。


平成17年7月14日からのご相談でした。


月に2〜3回は来店されていたかたで、
可愛らしいタイプのかたでしたので、私も印象に残っていたのですが、
それで平成18年2月18日に妊娠されまして、胎嚢が見えたとのことでした。


昨日は、赤ちゃんも含めましてその親子3人連れのかたが居たときには、
なにか不思議な時間の流れを感じました。


それにしても、杵屋のお菓子を頂いてとても嬉しかったです。


当店からは、出産お祝いの青いアルバム
お贈りさせて頂きました。


「杵屋(きねや)」の社長の息子さんは、私の高校の同級生だったんですよね。

彼は、今は立派に社長業をされているでしょうか。


可愛いお客さまたちが来店されて、しかも私の友人の会社の
「杵屋」のお菓子でしたので、とても嬉しく思ったところです。


お客さまが幸せになることは、仕事冥利につきます。

昨日、眠る前にもその出来事を思い出しながら、
夢の中へ旅立っていきました。

|
|


2007.03.23

親になること、家族になること

親になること、家族になること
携帯からの投稿です。

いよいよ明後日が仙台での試験日なので、昨夜の勉強は過去3回私が受講した
「不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座講演集」を
ざっと眺めていました。

試験の数日前になれば、過去の問題を見たり、
山をしぼって大切なポイントだけを見るのが王道なので、
最後に復習を兼ねて過去の受講したときのことを思い出していました。


その中で、第18回の講演のメモ書きを
再度読み込んでみて、心にしみじみと来ていました。


ちょうどそのときの感動は、「土屋薬局メールマガジン42号」にアップしています。

再度のその中の一部を掲載させて頂きます。



先日、25〜27日(金〜日)と東京の虎ノ門のニッショーホールで、
不妊カウセリング学会と不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に
参加してきました。

その中で私が一番と印象に残ったのは
里親のかたの講演でした。


その方は一般の方ですので、
講師のかたのお名前はこの場では伏せさせて頂きますが、
私の心の奥深くに一言一言が響いたのでした。

http://tutiya.cocolog-nifty.com/kanpotusin/2006/05/post_67be.html

最初は眼鏡をお掛けになっていて、
正直言いますと、どこにでもいる「おじさん」でした。

ところが話を進めるにつれて、
会場がシーンと水を打ったかのように静まり返り、
周囲から涙をすする音が聞こえます。


私も思わず、眼鏡を外して涙をふいてしまいました。

講演会に参加すること、人と会話することは、
そのかたの人生の体験の一部を共有することであります。

映画や小説もそうだと思います。


「不妊は身内から受ける圧迫がつらい。

苦しみ、圧迫です。

不妊は少数でも他人事でもありません。

ごく身近ななことです。」


の言葉から始まった講演会90分は、本当に私の人生でも
稀な体験でした。

「愛されているという愛情があれば年齢は関係ない。

ひどい話だと、養子縁組で子供が来て、
親がガンになってその子は何も悪くないのに、
親戚に「疫病神」と言われた。

その子は、残った片親に育てられたが、
全然曲がらなかった。


それは親に愛された体験があるからです。

いじめる、いじめられる側にも愛された体験がない。


人が生きるのは時間でも、豊かな生活でもない。


心が充たされなければならない。


夫婦もお互いが充たされなければならない。

不妊治療は屈辱感があった。


不妊治療を切り上げる原因になった。

ちょっとした言葉をかけて上げて下さい。


ちょっとした世間話がほっとする。

子供たちは、私の人生につなげて、僕らの未来につなげてくれる。


命の証を子に託せる。


生きている価値をつかみとりたい。


産めないことは悪くない。


自分たちの未来のために子に会いたい。

医師にも養子縁組を必要悪と言う人もいる。


息子の母親は入水自殺した。

息子が5歳のときに真実を告知した。

息子が言った。


「僕は海がきれいな町で生まれたんだよ」


私は、はっと思いました。

人間の記憶は自分が生まれたときを覚えている人もたくさんいますし、
5歳までの記憶は鮮明です。


確かに、息子はY県で生まれたのです。

海の水は冷たかったそうです。


真実告知をしていないと、真の親子にはなれない。


産んでくれた母がお前を守ったんだよ。


産んでくれた人の悪口は絶対に言ってはならない。


もし子供が非行に走ったとしても、愛された記憶があれば戻ってくる。


ルーツ探しをしても、やはり育ててくれた人が自分の親。

|
|


2007.03.26

試験受けてきました

試験受けてきました
携帯からの投稿です


昨日の3月25日(日)に、仙台市で不妊カウンセラーの試験を受けてきました。

ここ数年間の目標でしたので、今は肩の荷が降りたような
ほっとした気持ちで穏やかな朝を迎えています。


筆記試験は50問あって、
無事に一次試験も合格しまして、晴れて二次の口頭試問となりました。


別室の試験会場に入ると、いつも講演でおなじみの
聖路加の佐藤先生と中央クリニックの浜崎先生が並んで座っていまして、
とても緊張してしまいました。


今回の試験への受験目的と資格を取ったら
今後どのように活動していきたいか、、
などと自己紹介とともに話すことから始めりました。


口頭の問題では、「39歳女性のクライアントで、主人の精子の問題が分かり、
とても悩んでいます。どのように対応されますか?」

とか、


「42歳のかたで、体外受精4回目が失敗に終わってしまいました。
どのように応対されますか?」

などと聞かれました。


最後は、佐藤先生から受験者に向かって、
「これはアンケートのようなものですが、何故最近不妊症が増えてきていると思いますか?」

にそれぞれ、私たち受験者のグループ4名が各自、自由に意見を述べて
試験が終了となりました。


結果はどうであれ、一生懸命この半年間は勉強に打ち込みましたので、
だいぶ婦人科系統には詳しくなりましたので、自分のためにも
良かったなあと思っています。

今後とも、勉強などトレーニングしていきますので、
どうぞよろしくお願い致します。

|
|



お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


cherry


中医学、とくに中医学漢方の痺証と中医漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

200h1


0010730

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>

0020730

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


0030730

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

Imgp68131104s

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

Imgp68081104

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約360名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!


cherry


0040926

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で不妊治療の名医、老中医は「あの先生はまさに送子観音菩薩です」とも言われたりしています。

当店も私も送子観音菩薩のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


0050926


cherry


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。

cherry


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時〜午後7時  土祭日 午前9時〜午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

福島県からのご来店のお客様も増えてきています。

郡山市から東根市までは約2時間ぐらいで当店に到着しますし、山形新幹線で息子さんと一緒にさくらんぼ東根駅経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ

<新しいグーグルマップ、土屋薬局もペグマンがストリートビューで案内します>








漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。



漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237−49−1651)
お電話(0237−47−0033、0237−48−2550)で。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。