出産お祝いです〜台湾朱鷺草と福寿草と

乳腺症対策の漢方

10/03/08


2007.02.09

出産お祝いです。

30代前半のお客様から、昨日に連絡ありまして、
今年の1月に可愛いお子様を出産されたそうです。

漢方を飲んでいたせいか「看護師さんに臍の緒が太い」と
誉められたそうです。


二人目不妊で乳腺症(のう胞)もありました。


平成17年からのご相談だったのですが、
「乳腺症」対策としましては、


1)活血化淤(かっけつかお)→乳腺症の嚢胞の塊を解消するため

2)疏肝理気(そかんりき)→端的にいえば、「ストレス解消で気持ちの流れをすみずみに良くすること」です。その結果、気持ちの流れと血液の流れが良くなるので、乳腺症が良くなりやすいです。あとは、もう一つの考えからは、「お乳」の周りは「肝臓の経絡」が通っていますので、「肝臓の生薬」を配合させると効果的です。


活血化淤の「血液サラサラ」関係の漢方「二本立て」と「疏肝理気(そかんりき)」も「二本立て」でいきました。

その結果、2ヶ月後には、乳腺症も治られて、
ご懐妊されまして今回の良き結果となりました。

アルバム進呈でございます。

今日、明日にはご自宅にお届けになると思います。


他にも、乳腺症のかたで、やはり1ヶ月間くらいで治ったかたもいます。

最近は、産後の相談で体調を整えたいという内容も多くなってきました。


お祝いの写真は、2006年5月3日の撮影です。

またパソコンが壊れてしまいまして、(今度はキーボードが外れてしまいました)、
修理に出しますので古いパソコンにデータを移動して仕事しています。


そのパソコンにたった一つあるピクチャーファイルから。

(前回の「おめでとうございます。K様のご懐妊」の写真の続きです。
ということは、それだけパソコンが壊れているっていうことです。苦笑)


「北国の春」


Imgp0079060503

<2006年5月3日 「山神社の桜 豪華絢爛」


Imgp0084060503


Imgp0089060503

|
|





2007.03.13

おめでとうございます(東根の雪景色)

20代後半のお客様です。

不妊で悩んでいるとのことでした。


初潮は11歳。生理の周期は30〜32日です。

生理の期間は4〜6日間です。

排卵日のおりものは少ない感じです。


排卵日も遅くて低温期が長いことも気になるそうです。


寒がり、冷え性でとくに足の先が冷えます。

顔色は白っぽい感じです。


生理前1週間前から下腹部痛や胸が張って痛くなりやすいです。

また生理の1日、2日前には下腹部が冷えて、
下痢になりやすいです。

肩こり、生理前後の頭痛などもあります。


昨年の10月のご相談で、(平成18年の)、
当店からは


1)養血調経(ようけつちょうけい)

2)活血化淤(かっけつかお)

3)疏肝理気(そかんりき)


の3つの処方を服用することをお勧めしました。


その後、11月に相談させていただきまして、
昨日の電話では、その後にご懐妊され、
今は妊娠5ヶ月とのことでスタッフ一同嬉しく思っているところです。


漢方を服用してからは、排卵日前後からあった胸の張りが軽くなりました。

また当店に来店されてからは、日常生活や食生活でも
体を冷やさないことを心がけたたので、
冷え性のほうの良くなった気がしたそうです。


ということで、どうもおめでとうございました!

安産のお守りの「犬の置物」も進呈させて頂きました。


今日のお昼休みは、雪がいっぱい降った翌日なので、
張り切って「雪景色」を撮影に行きました。


「東根の雪景色」

Imgp0783070313

やはり雪はいいですね。

気持ちがサッパリします。

きっとこれから地球温暖化が進めば、
時代の先端は「雪国がトレンディー」になるかもしれません。

今朝のNHKのニュースでも長野市内でインタビューを受けた
若い女性の2人組が「雪が降って安心しました、雪はいいですね」という
笑顔のコメントがありまして、わたしも我が意を得たりと思いました。

Imgp0789090319

上記の写真の右に見える山は、「大森山」。

左に見える山は、「若木山(おさなぎやま)」です。


レンズは、上記の写真は、55−200ミリでいわゆる「中距離望遠レンズ」です。

レンズを換えたこの上の写真は、空を実感する一枚となっていますが、
「12−24ミリ」の広角レンズです。

レンズ1本交換するだけで、だいぶ印象が変わってきます。

Imgp0794070313


場所を変えて、奥羽山脈にレンズを向けました。

山々は白く雪化粧をしています。

Imgp0806070313_2

今まで、山の写真でしたから、
「山と言えば川」で川の写真でお別れです。

野川(のがわ)の「小柳橋」のふもとで撮影しました。

昔っからの、東根(ひがしね)の風景といえば、
このような光景だと思いながら満足して帰路につきました。

雪。

鉛色の重く圧迫感のある空。

周囲には何もなくて、ただそこには1本の小さな川が流れている。

このような単調になりがちな雪国の冬を体験していると、
「春」が楽しいんですよね。

Imgp0807070313

どうもおめでとうございました。

このお客様の住んでいる地方も自然が美しいところで、
春は海や山がきれいに眺められる素晴らしいところです。

|
|


2007.03.10

台湾朱鷺草と福寿草と

Imgp0722070310

<すべての写真は、2007年3月10日撮影です>


今年は3週間くらいに渡り、店内を彩ってくれました。

最近は処方箋のお客様など店内に入ると開口一番
「うわ〜、きれい」と誉めてくれます。

「売っているんですか?」と聞かれることもあり、
恐縮する日々です。


Imgp0729070310

こちらは貴重な植物です。

日に日に育っています。

一日たりと成長を止めることはありません。

今後、どのように育つか楽しみにしています。


Imgp0738070310

今朝のNHKテレビのニュースで
「青森県深浦町では福寿草が咲いている」と言っていました。

日本どこでも咲いていると思っていたのですが、
東北、北海道がおもな自生地だそうです。


テレビを見ていた私はふと、不老不死温泉に行ったときのことを思い出しました。


深浦町の海岸沿いのドライブでの眺めは素晴らしく、
ずっと北上していくと、やがて私の大好きな岩木山の勇姿が、
右手前方に見えてきます。

津軽平野から眺めるのとは、違う雰囲気ですから、
自分が「旅をしている」ことを実感しました。

最近はなかなかと行く機会がありませんが、
また再び青森県を訪れる日々を夢見て、
心の中で不老不死温泉からの日本海の眺めを描いています。

|
|





お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


cherry


中医学、とくに中医学漢方の痺証と中医漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

200h1


0010730

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>

0020730

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


0030730

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

Imgp68131104s

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

Imgp68081104

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約360名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!


cherry


0040926

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で不妊治療の名医、老中医は「あの先生はまさに送子観音菩薩です」とも言われたりしています。

当店も私も送子観音菩薩のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


0050926


cherry


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。

cherry


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時〜午後7時  土祭日 午前9時〜午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

福島県からのご来店のお客様も増えてきています。

郡山市から東根市までは約2時間ぐらいで当店に到着しますし、山形新幹線で息子さんと一緒にさくらんぼ東根駅経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ

<新しいグーグルマップ、土屋薬局もペグマンがストリートビューで案内します>









漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。



漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237−49−1651)
お電話(0237−47−0033、0237−48−2550)で。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。