今週の妊娠報告〜多嚢胞性卵巣につきまして

07/04/17

山形県東根市神町 土屋薬局 薬剤師・不妊カウンセラー、国際中医専門員A級(中国政府認定)・
NPO法人日本不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎

2006.07.21

今週の妊娠報告

Imgp0245
<雨の中 白い百合が私の家の玄関で咲いていました。可愛らしいです。2006年7月21日撮影>


おはようございます。

土屋です。

今週の妊娠報告です。


連休をはさんで、業務も滞りがちになりますが、
地元のお客様で漢方薬を3年間服用して
42歳のかたが自然妊娠されたり、嬉しい報告が多いですので、
ココログつくります。


1)Sさん


42歳です。

2人目が欲しいとのことで、
平成16年2月からずっとご相談していました。

漢方の基本は、養血調経(ようけつちょうけい)、補腎(ほじん)、
麦芽を炒ったものの「3本柱」で根気よく続けていきました。

最後の1年間は、通院していなかったので、
漢方の効き目があったと本人様はおっしゃっています。


どうもおめでとうございました。



2)Tさん

同じく42歳のかたです。


不妊とうつ気味がありました。

養血調経と補腎(ほじん)の方法でした。


体外受精などもされていましたが、
めでたく自然妊娠で、現在9ヶ月だそうです。

間もなくご出産で、嬉しく思っているところです。


おめでとうございます!



3)Uさん


37歳です。

結婚7年目です。


卵胞刺激ホルモン(FSH)数値ギリギリ。

子宮内膜6ミリ前後。

黄体ホルモンが少ない。


排卵日の頸管粘液も少ない。


プロゲステロン錠服用中。

今年の6月から漢方を始められまして、
2ヶ月後の今月7月に2回目のAIHで陽性です。


「AIHの結果がでました。

昨日、妊娠検査薬で陽性でした。

病院の治療だけでは妊娠できていなかったと思います。

土屋薬局さんのアドバイスと漢方のお陰だと
心より思っています。

本当に有難うございます」


とのことで、
2回目の人工授精に向けての漢方相談で
すぐに結果がでまして、
私たちもビックリで喜んでおります。


良かった、良かったです。



4)Iさん


38歳です。


3年前に流産してから、体の冷えを感じます。

以前は不育で病院に通院していました。

高プロラクチンと診断されて薬を飲んでいましたが、
今は通院していません。


今年の6月から漢方をスタートとして、
いま7月で胎嚢(GS)確認です。

おめでとうございます!


「ところで、月経周期29日目なかなか生理がこないので、
さっき妊娠検査薬を試してみた所、
なんと陽性反応が出て自分でもビックリしています。

軽い気持ちで始めたのに、凄いですね漢方って!」


とのことで、1周期でのご懐妊でした。


当店は、プロラクチン関係の相談は強いかもしれませんし、
スピードが早いご懐妊でこちらもビックリですし、
嬉しく思っているところです。



5)Mさん


39歳です。

35歳から不妊で通院しています。


2度目に胚盤胞まで育ったのですが、
残念ながら着床しませんでした。

3度目は、卵巣の腫れや体調の不良があって
結果がでませんでした。


ICSI3回受けています。


担当医の先生からは、卵巣機能やホルモン値は
とくに問題ないので、卵のグレードが次の課題だそうです。


今年の3月からの相談です。


養血調経、補腎、紫河車(しかしゃ)。

ご主人様は、イーパオ(食用アリ製品)


5月のGWに採卵して、9個採卵できました。

5個凍結して、6月の終りころに1回目の凍結胚移植。

今月7月にめでたく陽性です。


「昨日、妊娠判定で陽性がでました。

採卵数やグレードは今までと変わらず
「今回もまたダメか」とあきらめていましたので、
先生におめでとうございますと言われたときには
本当に嬉しかったです。

これも先生に励ましていただき、
それを信じて漢方を飲み続けた結果だと
本当に感謝しています。

ありがとうございました」


とのことで、スタッフ一同
とても嬉しく思っております。

おめでとうございます!



6)Fさん


37歳


なかなか妊娠できないとのことで、
今年の5月からのご相談でした。


子宮内膜症、チョコレート嚢腫。

卵管は片方が詰まっています。


当店からは、1)養血調経(ようけつちょうけい) 2)ピクノジェノールの方剤で活血化淤(かっけつかお) 3)鹿茸(ろくじょう)などが入った高貴な補腎剤(ほじんざい)の3つをお勧めしました。


1回目の体外受精で、今月に陽性反応が分かりました。


「9月に体外受精を考えていたのですが、
6月の終りに診察で卵胞も育っていたので、
また自然周期でもと思っていたので、
先生にお願いして体外受精にしてもらいました。

昨日、妊娠判定に行ったら、なんと陽性でした。

私自身、驚いています。」


とのことで、私たちも喜んでおります。

どうもおめでとうございました。


以上、速報でした。


嬉しく思っている今日この頃です。

みなさま、梅雨の被害が続いていますので
お気をつけてお過しして下さい。


Imgp0237
<百合のぷーんとした香りが好きです。ヤマユリもきれいな季節でしょう。2006年7月21日撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)






2006.07.27

紫陽花の日中線記念館

紫陽花が咲く日中線記念館が好きです。

紫陽花が咲く頃を待って、
7月6日(2006年)に撮影できました。

今年の思い出に、数枚紹介させてください。


Imgp0046

Imgp0050

梅雨時の緑が目にまぶしいです。

ここは喜多方。

熱塩日中線記念館です。

奥会津や只見川沿い、新潟へ抜けるときも
121号線の「大峠」を抜けると、
ついつい立ち寄ってしまいます。


誰も立ち寄らない、密かで静かな雰囲気が好きです。


Imgp0061

この撮影の後に、大雨が降ってきました。

梅雨時の雨雲が実に印象的な空です。


Imgp0052_1

桜はすっかりと花を脱ぎ捨てて、
深い緑を彩っています。


Imgp0077_2


Imgp0103


紫陽花の彩られたラッセル車キ100とオハフ61。

やっぱりいいです。


最近、日中線記念館の写真を見たり、
訪れたりしているとシューベルトの交響曲第9番「グレート」が
頭の中で鳴り響きます。

日中線記念館にはシューベルトが似合うという、
情緒的なイメージが心の中にあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)







2006.07.31

多嚢胞性卵巣につきまして

Imgp0042
<山形県酒田市「山居倉庫」 2006年7月23日撮影>


最近、お客様からのメールの問い合わせに、
「何故?ステロイド内服があるのですか。」と
問い合わせを頂きまして、回答しました文章があります。

不妊カウンセラーになるために、教科書を読んでいますので、
実際に店頭で多嚢胞性卵巣(PCO)などの説明をしますと、
喜んでくれる方が多いですので、今日は漢方ではないのですが、
以下掲載させて頂きます。


○問い合わせ


「クロミッドを3錠×3回で飲んでます。

現在3クール目です。

一度しか、卵胞が育ちませんでした。

その後、産婦人科でクロミッド3錠3×と
デカドロンを2錠2×5日分服用しました。


ステロイドを誘発剤と併用することで、どんな働きをするのですか?」



○私からの回答(薬剤師からのお薬説明になります)


多嚢胞の場合には、
アンドロゲンという男性ホルモンが高いために、
排卵障害が起こると考えられています。


卵巣の皮が厚くなって排卵しずらくなったり、
卵胞の発育が遅くなったり、
主席卵胞が選ばれなくなるのも
アンドロゲンの影響かと言われています。


男性ホルモン(アンドロゲン)は、
卵巣と副腎からおもに分泌されます。

いずれの場合も、男性ホルモン高値になりますので、
排卵障害の原因となります。


卵巣からは、アンドロステンジオンやテストステロンが、
副腎からはこれに加えてデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)や
デヒドロエピアンドロステロンサルファイト(DHEAS)などが分泌されます。


血液中にアンドロゲン(男性ホルモン)が高い場合には、
クロミフェン(クロミッド)に抵抗を示すことが多いです。


デカドロン(デキサメタゾン)を就寝前に服用しますと、
夜間のACTH(副腎皮質刺激ホルモン)の上昇が抑えられ、
副腎性アンドロゲンであるDHEASが低下します。

この状態が続くと卵巣の反応性は改善します。



「不妊治療ガイダンス 第3版」を参考にさせて頂きました。

荒木先生、ありがとうございます。


(荒木先生のお話によりますと、この本はけっこう売れているそうで
嬉しいそうです)


そのほか、漢方では中医学的な体質改善策があり、
同時に養生法も大切になってきます。


今回の内容は少し難しかったかもしれませんが、
参考になりましたら、幸いです。


Imgp0083
<平田町を眺めます。合歓の木の花が、田んぼの緑にきれい。2006年7月23日撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)




お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


cherry


中医学、とくに中医学漢方の痺証と中医漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

200h1


0010730

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>

0020730

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


0030730

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

Imgp68131104s

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

Imgp68081104

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約360名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!


cherry


0040926

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で不妊治療の名医、老中医は「あの先生はまさに送子観音菩薩です」とも言われたりしています。

当店も私も送子観音菩薩のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


0050926


cherry


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。

cherry


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時〜午後7時  土祭日 午前9時〜午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

福島県からのご来店のお客様も増えてきています。

郡山市から東根市までは約2時間ぐらいで当店に到着しますし、山形新幹線で息子さんと一緒にさくらんぼ東根駅経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ

<新しいグーグルマップ、土屋薬局もペグマンがストリートビューで案内します>









漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。



漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237−49−1651)
お電話(0237−47−0033、0237−48−2550)で。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。