習慣流産について〜温身平

06/11/11

山形県東根市神町 土屋薬局 薬剤師・不妊カウンセラー、国際中医専門員A級(中国政府認定)・
NPO法人日本不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎


おはようございます。

中国武漢に行っていましたので、訪中の準備とともに時間が難しく、
久しぶりの更新となりました。

今回は、不妊学会での習慣性流産について勉強したことと、
飯豊山の自然を紹介していきます。

2006.06.23

習慣流産について

こんにちわ、土屋です。

だいぶ時間が経過してきましたが、
先月の「第18回不妊カウンセラー養成講座」より、
「習慣流産について」の私のメモをまとめます。

私は山形なので、まったく名古屋のことは分かりませんが、
名古屋市立大学の杉浦先生の教室は、
習慣流産の研究でとても有名のようです。

女医さんでとても親身になって診察をしていることが、
講演の内容から伺えました。


では、私のメモです。


不育症患者の検査項目


夫婦の染色体:G分染法

子宮形態検査:子宮卵管造影、超音波検査

免疫学的検査:抗核抗体、B2glycoproteinI依存性抗カルジオリピン抗体、
ループスアンチコアグラント、抗CL IgG、IgM、抗PE IgG、IgM、抗PS IgG,IgM

凝固学的検査:aPTT,PT,Fibrinogen, XU因子

内分泌学的検査:プロゲステロン、プロラクチン、血糖値、TSH,FT4、LH,FSH



不育症の原因


自己免疫異常:抗リン脂質抗体、抗核抗体

染色体異常:夫婦染色体均衡型転座、胎児染色体異常

子宮奇形:双角子宮、中隔子宮

内分泌異常:黄体機能不全、糖尿病、甲状腺機能異常

原因不明 50〜60%



抗リン脂質抗体症候群診断基準

動静脈血栓症

妊娠合併症

妊娠10週未満の連続した習慣流産

妊娠10週以降の原因不明子宮内胎児死亡

妊娠34週以下の妊娠高血圧症


検査所見

○β2glycoproteinI依存性抗カルジオリピン抗体

○Lupus antikoagulant

この2つはエビデンスがある。


抗凝固法は有効。


低用量アスピリン 40−80mg/day

ヘパリン 

プレドニゾロン 10−40mg/day



抗リン脂質抗体の真の対応抗原


β2glycoproteinI →エビデンスが高い

Prothrombin

kininogen

Annexin V

Protein C

Protein S

Factor XU



ほかにも染色体異常頻度や着床前診断のことなど、
最新のエビデンスについて学びました。


私が印象的だったのは、杉浦先生の「何回流産してもいいから、あきらめずに、
落ち込まずに前向きにがんばっていきましょう!」という励ましの言葉の紹介を冒頭で言われたことです。

自然妊娠でも体外受精でも、がんばっていれば
約7割は健児を獲得できるとのことで、
「医学とはデーターに基づいているので、凄いんだな」と薬剤師的に思った次第です。


最後に、Emotional Impact(エモーショナル・インパクト)」の話があり、
実際に流産した回数ごとの「悲嘆の数字」のデーターを見ました。


抑うつ状態になっていると、次回の流産率が高いとのお話に、
「気持ちの問題」も大切だということを理解しました。

「めげない、あきらめない、落ち込まない、必要以上に自分を責めない」ことで、
さあ前向きに行きましょう!



「群馬県長野原町 ダムに数年後に沈みます。 2006年6月10日撮影」




2006.06.26

温身平(ぬくみだいら)


<2006年6月25日撮影 飯豊連邦 「温身平(ぬくみだいら)」>


昨日に山形県の小国(おぐに)のほうから、
飯豊山(いいでさん)に行きました。

温泉も経由しながらですが、
途中少し山も登りまして、
「温身平(ぬくみだいら)」というブナ林にも行ってきました。

飯豊連邦の烏帽子岳(からすぼうしだけ)が残雪を抱きながら、
空に美しく輝いています。

ブナ林では、風や虫の音、
また6月の新緑のシャワーで、
心も体も爽快に洗われるようでした。

こうして人は、地上の喧騒を離れ、
安らぎを目指して山に来るのかと
思いました。


機会がありましたら、また訪れてみたいです。

今日から月曜日、また仕事の始まりですね。

どうぞ元気でお仕事や生活をしてください。

西日本では雨も続いているようです。

どうぞご自愛くださいませ。



上記の文章は、今日一日のメールの締め言葉です。

「画像を載せるとこうなる」ということで、
気軽にこのコラムを作っています。


そういえば、昔、私は日本中医薬研究会で、
高度情報委員会というホームページを作成する部門にいました。

そのときに、全然パソコンが分かりませんでしたので、
自分でも勉強してみようとのことで、
ホームページビルダーを購入して、
ホームページを自力で立ち上げました。


ですから、今でも自分がその環境にいたことに感謝しています。

(たとえば、「PCって何のことですか?」と
質問していて、会議の戦力にならなかったのです)


さて、その高度情報委員会には、
私と同じ出身大学の星薬科大学のOBの先生がいました。

顔は殿下に似ていまして、
趣味も「山歩き」でした。


ハンドルネームは、「山が好き」(笑)。


その先生は、お子様がめでたくお生まれになった後に、
経営されていたY市の薬局を他の人に譲り、
故郷のN県へ引越ししてしまいました。

今は漢方の仕事ではなくて、
普通の調剤薬局で勤務だと思います(多分)。


何かの会議でたまたま一緒の場にいたのですが、
最後に「山が好き」先生が私のところにやって来て、
握手をしてくれて「しばらくは漢方を離れて実家に帰る」ということを
握手しながら話してくれたことは今でも覚えています。


ときどき、何をしているかな、また会いたいなと思います。

「山が好きな話」でした。



この山は、「烏帽子岳(からすぼうしだけ)」

ああ、山が私を呼んでいます。

この山の向こうには、新潟県の新発田(しばた)や
福島県の喜多方(きたかた)地方です。



人は下界の騒音を離れ、山を目指して癒されるのです。




お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


cherry


中医学、とくに中医学漢方の痺証と中医漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

200h1


0010730

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>

0020730

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


0030730

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

Imgp68131104s

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

Imgp68081104

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約360名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!


cherry


0040926

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で不妊治療の名医、老中医は「あの先生はまさに送子観音菩薩です」とも言われたりしています。

当店も私も送子観音菩薩のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


0050926


cherry


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。

cherry


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時〜午後7時  土祭日 午前9時〜午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

福島県からのご来店のお客様も増えてきています。

郡山市から東根市までは約2時間ぐらいで当店に到着しますし、山形新幹線で息子さんと一緒にさくらんぼ東根駅経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ

<新しいグーグルマップ、土屋薬局もペグマンがストリートビューで案内します>








漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。



漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237−49−1651)
お電話(0237−47−0033、0237−48−2550)で。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。