子宮内膜症/人工授精(AIH)と漢方療法

子宮内膜症の漢方/人工授精(AIH)と漢方療法

山形県東根市神町 土屋薬局 薬剤師・不妊カウンセラー、国際中医師(中国政府認定)・NPO法人日本不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎



6月の嬉しいご報告を、ご紹介いたします。





○人工授精(AIH)6回目で成功しました! 子宮内膜症のAIHを成功させるための周期療法




Hさん 31歳 身長158cm 体重47kg 

(初相談は平成14年9月) なかなか子供に恵まれない・・。

2年前に子宮筋腫、子宮内膜症の手術をした。

生理1週間位前から、生理痛が激しく腹痛だけでなく、腰痛も伴う。

生理が始まって3日目で治まる。レバー状の塊あり。
 

9月  

◎全周期 (毎日服用)


養血調経の漢方薬



◎月経期〜卵胞期〜排卵期(低温期)


「血行を良くする漢方薬」を「養血調経の漢方薬」と一緒にお湯に溶かして服用。


◎黄体期(高温期)


「鹿茸が配合された漢方薬」


◎卵胞期〜排卵期〜黄体期(つまり生理以外の日は、毎日服用)

プラセンタ製剤  服用開始。


10月 なんとか毎日飲んでいる。変わりなし。

11月 生理痛がなかった。腹痛も腰痛もなし。今までの苦痛がうそのようです。
 
12月 血の色が、赤黒い色から鮮やかな赤になった。塊がなくなった。


平成16年


2月 体の調子が良い。まだ風邪もひいていない。

6月 6回目のAIH(人工授精)にて、陽性反応がでて妊娠13週目に入りました。


念願の妊娠に、主人共々喜んでおります。
まだまだ油断できない状態なので、大事にしたいと思います。





A子さんは過去に子宮筋腫や子宮内膜症の手術をされていました。

低温期には 「丹参漢方製剤」で血液サラサラで淤血(おけつ)を解消すること。

卵の質や子宮内膜が準備されやすいです。


また高温期には 「鹿茸が配合された漢方薬」を用いて、妊娠を目指します。

同時に、着床しなかったときでも、次回の生理を良くすること、
「血流たっぷりの漢方薬」と「プラセンタの漢方製剤」で、
授かりやすい健康な母体を目指すことなど
総合的に 周期療法をお勧めしていきました。

力強い処方で、立体的な漢方療法が、子宮内膜症にもかかわらず
AIH(人工授精)の成功につながった要因だと思います。

体に負担のないAIHでの最後の回数でのご懐妊でしたので、私たちも嬉しいです。








2)2人め不妊の漢方相談



○「血流たっぷり漢方薬」と麦芽を炒ったものを柱にしました。



Y子さん 27歳 身長159cm 体重65kg (初相談は今年の4月)


二人目が出来ない。
  

生理痛はあるが、鎮痛剤を月に1回飲む程度。

1人目の出産後、月経周期が長くなっているのが、気になる。
(妊娠前28日、現在33日周期)

出産してから2年経つが、まだ母乳が出る。


4月 「血流たっぷりの漢方薬」

「麦芽を炒ったもの」を「血流たっぷりの漢方薬」とともにお湯に溶かして服用。


5月 母乳が出なくなった。


6月12日 生理が遅れていたので、妊娠検査薬で調べてみたところ、陽性反応が出ました。


6月19日 妊娠6週でした。喜んでいますが、つわりが辛く、まいっています。

食べたくないし、食べるとムカムカするし、子供と遊んであげることも出来ません。

香砂六君子湯をお勧めしました。


6月28日 つわりが少し楽になった。食欲が少々出てきたが、食べるとムカムカ






「血流たっぷりの漢方薬」と「麦芽を炒ったもの」の組み合わせは、土屋薬局では 成功率が高いです。

健康な母体をつくることに、かなり良い組み合わせだと思います。


香砂六君子湯は、胃腸を丈夫にして、つわり対策になり、ムカムカにいいです。

同時に、補気健脾薬ですから、体を守るバリア機能がアップして、流産防止になります。

また、お母さんの胃腸が丈夫になれば、赤ちゃんにも栄養が行き届くという 「一石三鳥」の処方の意味があります。





今回も、嬉しいご報告ありがとうございました。赤ちゃん誕生を心より祈念いたします。

国際中医師・薬剤師 土屋 幸太郎





お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。



土屋薬局では、お客様のお役にたてますよう
日頃から勉強し、研鑽を積んでいます。

人工授精と漢方薬の併用で、
成功率を上げていますし、
実績もいいです。


流産予防、安産の漢方相談も
お気軽にお問い合わせください。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。

漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。



土屋薬局の漢方相談はこちらのページで説明しています。


漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。


どうぞ 「山形の漢方」をご利用ください。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。

不妊症の子宝漢方のツボ 
こちらのページもぜひ参考にしてください。

ご相談は、漢方相談室のフォーム
または ファックス(0237−48−1477)
お電話(0237−47−0033、0237−48−2550)でお願いします。


漢方相談の土屋薬局 中国漢方通信へ戻りましょう!