おめでとうございます(大淀の流れ)〜雪の日中線記念館

06/03/07


山形県東根市神町 土屋薬局 薬剤師・不妊カウンセラー、国際中医専門員A級(中国政府認定)・
NPO法人日本不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎


2005.12.09

おめでとうございます(大淀の流れ)

こんにちわ、土屋です。


Kさまの快諾を得ましたので、
嬉しいご報告をさせて頂きます。


「ありがとうございます。

ご丁寧な連絡に、私ももちろんですが、
主人がとっても感激していました。

ほんとにありがとうございます。

先週末に検診で、おなかの赤ちゃんに足と手が生えてきたのを
確認しました。そして手をばたばたと動かしているのに感激しました。


予定日は来年の七夕です。


私自身は、軽いつわりの症状がある程度で、それも一段落したところです。

日によって、ちょっとだめな日がありますが、そのほかは元気にしています。

ただ、当帰が配合されている漢方薬を寝る前にどうしても喉を通らないのです。

なので、現在は朝起きたときのみに、お湯に溶かして飲んでいますが、
それでよろしいでしょうか?

いろいろといつもありがとうございます。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。」



Kさんは、31歳です。

5年前から不妊で悩んでいました。

一度、2年間通院していましたが、
海外赴任を転機に治療をお休みしていました。

まずは漢方で体作りをしていきたいとのことでした。

手足はいつも冷たく、冷え性です。

肩こりもひどいです。

ひどいときには、片頭痛にもなります。

肩こりは、後の漢方で楽になったそうです)


食欲あります、胃もたれもありません。

便秘もほとんどありません。


経血量は少ないのが気になります。


生理痛よりも、排卵痛がひどいです。


生理が終わってから排卵までの間に、
下腹部がきりきりと痛みます。

月経血には、チョコレート状の塊が毎回1回はあります。


生理前に胸が痛くなり、たまに生理前の10日前から
胸が痛くなるときがあります。


以前に不妊治療時には、プロラクチンが高くて
テルロンを1年半くらい服用していたそうです。

さて、今年の4月25日が一番と最初のご相談でしたが、
当店からは、漢方の目標は以下のようにしました。


1)養血調経(ようけつちょうけい)


つまり生理のリズムを整えて、とくに生理の量が減ったことなどに対応して、
妊娠しやすい卵づくり、子宮内膜作りをしていきましょう。


2)疏肝理気(そかんりき)


プロラクチンは、ストレスホルモンのようなものですから、
イライラしないことや、ストレスを軽減していくことが大切です。

生理前の胸の張りやイライラなどのPMSや、排卵痛なども、原因としましては、


A)淤血

いわゆる血行不良。

B)気滞

ストレスみたいな気の詰まり。


などがあると考えています。


Kさんには、気滞対策として麦芽を炒ったものをお勧めしました。


お勧めした漢方薬


「立てば芍薬、座れば牡丹」の芍薬や当帰などといった、
女性のかたの「血の道症の漢方薬」と「麦芽を炒ったもの」を
当店からお勧めしました。


さて、その後、淤血(おけつ)を解消していくために、
山形県の花の紅花や先ほど前述の芍薬などが配合された
駆淤血剤(くおけつざい)の併用もお勧めしました。
(ああ、なんて可憐な漢方薬なのでしょう。花が咲いているところを想像するだけで、うっとりします)

病院にも行くのを再開されまして、今年の11月9日は生理が1週間遅れているとのことで、嬉しいご報告となりました。


良かった、良かったです。

土屋薬局でも嬉しく思っています。


今回の掲載の快諾には「私も、赤ちゃんが欲しいと思っている人に、希望となれば、うれしいです。」
と暖かいお言葉を頂いております。

どうもKさんおめでとうございました。


当店からは、Kさんに送るお祝いの写真です。


今週の火曜日の昼休みに撮影してきました。


Kさん、おめでとうございます。

お祝いの写真のテーマ

「大淀の流れ」


以前に「真下慶治記念美術館と嬉しい話」でも紹介している場所ですが、
今回は「冬バージョン」です。


私は、「晴れろ、晴れろ」と心で念じていたのですが、あいにくの曇り空の日でした。

大きいカメラバックを手に持って、
「うーん、曇りで残念」と思いながら村山市大淀の美術館に行くと、職員さんは、
「今日は、滅多に無い素晴らしい風景ですよ。幻想的で美しいです」と、
いつもそこで働いている職員さんに激励を受けてしまいました。

これは、「めでたい、めでたい」です。


では、これから「最上川の幻想」をKさん一家にお届けしようと思います。


ここ真下慶治記念美術館は、本県の母なる河「最上川」をこよなく愛し、
生涯のテーマとして作品制作に取り組んだ洋画家 真下慶治(故人)の代表的な絵画が数多く展示されています。
(パンフレットより引用しました。ありがとうございます)

今、私が眺めているこの風景も、真下画爵が生前に眺めていた風景と一緒です。


師のアトリエがあったところに、この美術館が建てられたのです。


ああ、母なる最上川。


「大淀の流れ」

師の代表的な作品と同じ構図の写真です。


この美術館のテラスに立つと、このような雄大な眺めを眺めることができます。

時が経過するのも忘れそうです。




ああ、最上川は静かに流れ、大地をめぐっていきます。

大淀の美術館は、師の魂とともに建物と絵画があるようですし、
実際に師が生前に愛した風景も楽しめます。


スピリチュアルを感じる稀な美術館だと思います。

国内では、葉山の神奈川現代美術館も一色海岸の眺めが素晴らしいですね。


Kさん、どうもおめでとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えしてください。

今回のコラムは、Kさんのために作成しました。


最上川のように雄大でたくましく、お子様が育つことを願っております。

どうもお読みして頂きまして、ありがとうございました。






2005.12.13

大淀の流れ(2)と雪上の柿木

おはようございます。土屋です。


おめでとうございます(大淀の流れ)」をKさまに進呈させて頂きましたが、
その後Kさま本人から嬉しいコメントを頂きました。

ご本人様の了承のもとにここに紹介させて頂きます。



Kさまからのお便り

土屋薬局さま、

コラム、読ませていただきました。

何だかその雄大な写真と、優しいお言葉に
涙があふれてきてしまいました。

以前お電話で、「女性にはもともとちゃんと妊娠できるように
なっていて、その機能が弱まっているのを、漢方で補う」と
言っていただいたとき、私にはもうその機能がなくなってしまっている
のではないかという不安でいっぱいだったので、
ほんとに力を与えてくれた言葉でした。

そして、今回はこんなにすばらしいお祝いをいただき、
心から御礼申し上げます。


冬の最上川はすばらしいですね。

ピンと張り詰めた空気が、凍てつく水が、
手に取るように伝わってきます。

「大淀の流れ」はまた幻想的で、
人間が作り出すことのできない神秘的な美に
とっても感動いたしました。

本当にいろいろとありがとうございました。

これからも、まだお世話になると思いますが、
よろしくお願い申し上げます。



私はKさまのお便りを読んで、感動、感激してしまいました。

どうもステキなコメントありがとうございました。


Kさまがこのココログ版への掲載を快諾して頂いたのも、
「妊娠できるかどうか不安になっている人達への励みになれば嬉しいです」
という暖かいお気持ちからです。

どうもありがとうございました。



凍て付くような寒さですが、大淀(つまり、最大の蛇行部という意味)では、
最上川が輝きながら流れています。

最後に、12月7日の違う日に撮影した
大淀の真下記念美術館の隣の柿木でお別れです。

Kさま、この度はどうもおめでとうございました。


生前に、真下画爵がアトリエをかまえていたときと、
多分ここの風景は変わっていないと思います。

私の大好きな手付かずの開発されていない、
原風景が広がっているここ村山の大地です。


冬の青空って、なんて眩しいのでしょう。

雪の白い色に、柿の紅い色、空の青い色と実に美しいです。


私の好きな風景の景色に、
「誰も食べようとせずに結局は冬の鳥たちの食べ物となる冬柿」があります。

とくに人里寂しい山の中や、田んぼなどの荒涼としたところにある
柿の木たちは好きですね。








スペシャル付録です。

私の大好きな日中線記念館のコラムです。


2005.12.15

雪の日中線記念館

先日に福島県奥会津の木賊温泉に泊まってきました。

さて、その道中に私が敬愛して止まない
日中線記念館のラッセル車キ100とオハフ61に会ってきました。


折からの大雪の中、事故のないように慎重に車を運転していきました。

山形県置賜地方の米沢から、121号線を走り抜け、
大峠トンネルを越えるとそこは喜多方、福島県です。


12月10日午前7時ごろの日中線記念館です。

ヨーロッパを思わせるチロリアン風の建物も、雪の中で静かに眠っているようです。


今日のカメラは、富士フィルムのFinePix S9000という望遠タイプのデジカメです。

実は、また愛器の「*ist Ds」が画像に汚れが入るようになりまして、
ペンタックス修理サービスセンターに旅にでていましのたで、
先日仙台ヨドバシで購入したばかりの「デジタル一眼レフに近い美しい画像」の
FinePix S9000での撮影です。


(後日談ですが、私はペンタックス修理センターの人達と相性が良いのか、
先週の木曜日の8日に送ったら、金曜に向こうについて、
土日を挟んでの昨日の14日(水)に愛器が戻ってきました。
アンビリーバブルです。
ペンタックスサービスのKさん、ありがとうございます。)



雪の中、ラッセル車キ100とオハフ61は
静かに静かに寒さに耐えているようです。

できれば、今度は春の喜びの写真も撮影してみたいものです。


シグナルも凍ったまま、静かに眠りについています。

かつては、このシグナルも光り輝き、
列車の到着を知らせたのでしょう。


先日「アルバム進呈です(2)とキャスリーン・エドワーズの話題」で、
キャスリーン・エドワーズはカナダ出身なんですよ、、という話をさせて頂きましたが、
この日、私の車の中で聴いていたのは、
K.d.ラングの「ヒムズ・オブ・ザ・フォーティーナインス・パラレル」です。

(邦題「北緯49度の賛歌」)

実は、K.d.ラングも、キャスリーン・エドワーズと同じくカナダ出身です。


北緯49度とは、カナダとアメリカの国境線の緯度のことですが、
このアルバムはニール・ヤングやジョニ・ミッチェルなどのカナダ出身の
アーティストの曲を集めて作られました。

カナダ出身の彼女が生まれた国のために、自分の国への「賛歌」として
心を込めて歌っていまして、実に素晴らしいんです。

また、アルバムのカバージャケットの写真も素晴らしく、
冬の荒涼たるカナダを映し出しています。

私も、このアルバムのカバージャケットと同じようなイメージで、
「冬の樹木」の写真を撮影しました。


ここ日中線記念館では、静かに静かに列車や駅のプラットホームや、
草花たちが眠りについています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)







お電話やメールでご予約お願いします。
平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。
遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。


cherry


中医学、とくに中医学漢方の痺証と中医漢方婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

200h1


0010730

<2015年7月30日 土屋薬局店内 漢方勉強会>

0020730

壁面にはお客さまから寄贈された赤ちゃんの写真やお手紙で明るい活気に満ちた店頭です。

ご主人さま、ご実家のお母様と赤ちゃんと家族4人でのご来店でした。

こちらのコラムもぜひご覧になってください。


0030730

こちらも2015年7月30日現在の土屋薬局の外観です。

連日の猛暑、旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

Imgp68131104s

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

Imgp68081104

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約360名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!


cherry


0040926

<2015/09/30 送子観音菩薩像を漢方コーナーに移動しました。オーラがでています>

中国の民間の信仰では、送子観音菩薩は日本でいう「子授け観音」として大変に有名です。

中国で不妊治療の名医、老中医は「あの先生はまさに送子観音菩薩です」とも言われたりしています。

当店も私も送子観音菩薩のエピソードにあやかりながら、お客様たちと喜び、悲しみを共有していきたいです。


0050926


cherry


漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。

cherry


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7
Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前9時〜午後7時  土祭日 午前9時〜午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

福島県からのご来店のお客様も増えてきています。

郡山市から東根市までは約2時間ぐらいで当店に到着しますし、山形新幹線で息子さんと一緒にさくらんぼ東根駅経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。


携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ

<新しいグーグルマップ、土屋薬局もペグマンがストリートビューで案内します>






漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。



漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237−49−1651)
お電話(0237−47−0033、0237−48−2550)で。

体調に合わせながら
健康をつくる漢方相談をしていくことを誓います。