春のイライラ、ストレス、五月病などの憂鬱は漢方で解消しましょう!


山形県東根市神町中央通り 土屋薬局 薬剤師 土屋幸太郎





3月の漢方ニュースレター 春のイライラ、ストレス、五月病などの憂鬱は漢方で解消しましょう!




3月の漢方ニュースレター


こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

雪も解けてきて春めいてきている東根市です。


ニュースレターを手に取って頂き、ありがとうございます。


今号では「春のイライラは漢方で解消しましょう!」のページがありますので捕捉させて頂きます。


中医学では、天地と人体の関係、もっと大きく言えば大自然、宇宙と人体の関係を意識した医学です。


これから冬からは春になります。


春は陰陽五行論では「肝」の季節、「肝」の季節といえば、ストレスだったりイライラしやすかったり、憂鬱など悩みが増える季節です。


いわゆる「五月病」などの春の気持ちの調整には逍遥丸(しょうようがん)がピッタリです。







☆逍遥丸(しょうようがん)を使うコツ




☆逍遥丸を使うコツ


肝鬱気滞(かんうつきたい)に:


○感情をよく抑える ○よく我慢する ○よくため息をする ○春



中医学の原則はある特定の季節、特定の地域など一致すれば、どなたの病気も同じ方向で楽になりますので、逍遥丸が大活躍する時期です。


コツは「ため息」が多いかたです。


風船のように気がストレスで溜まって流れが悪くなるので、気の通りを良くするために「あーあー」「ふう」などと大きなため息がでてしまいます。


逍遥丸は生理前のイライラ、胸の張り、生理前後の頭痛、生理痛など女性特有の症状に

妊娠を期待していたけど、生理が来てがっかりなどに応用できます。


漢方は生理痛、生理不順に絶対おすすめ!

こちらのリンク先も参考になれば嬉しいです。







☆シベリア人参茶



☆シベリア人参茶


ロシアではエレウテロコックの別名もあります。


扶正固本、益気安神、補腎健脾の働きがあり、元気がなく疲れやすく、ストレスに弱いかたにお勧めです。

神経症、自律神経異常緊張症、更年期障害、不眠症、衰弱状態など

脳の睡眠スイッチに効き、脳中のストレスの緩和に







☆天王補心丹(てんのうほしんたん)



☆天王補心丹


神様が枕元に立って教えてくれた漢方処方


ほてりやのぼせなど、体が乾いた感じがあり熱っぽいときに


たとえば口内炎などの口腔内のトラブルを伴う不眠、汗をかきやすい、排尿痛などのお小水のトラブルを伴う不眠に


夢をよく覚えていたり、眠りが浅い方にもお勧めです。


詳しくは店頭やお電話、メールなどで体調の事をお知らせください。

よい質のよい睡眠は健康のもとです。



2014/02/27作成  文責  薬剤師 土屋幸太郎)


土屋薬局 中国漢方通信へ戻りましょう!