痺証に対する疏肝理気の応用、メンタルケア、ストレス緩和法






痛み、しびれを楽にしよう!第9話


痺証に対する疏肝理気剤の応用、メンタル、ストレスケア、慢性の痛み、心因性疼痛、漢方、漢方薬など


山形県東根市神町中央通り 薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラー  土屋幸太郎







痛み、しびれを中国漢方で専門的に勉強している薬剤師の土屋幸太郎です。

土屋薬局での痛み、しびれの漢方相談の取り組みをご紹介します。

ご家族の方などで痛み、しびれでお悩み、お困りのの場合には、土屋薬局へどうぞご紹介してください。

皆様に痛み、しびれから解放される喜びを味わって頂きたいです。







<痺証に対する疏肝理気剤の応用>




<痺証に対する疏肝理気剤(そかんりきざい)の応用>


昨日の夜に中医痺証IP通信講座を受講しました。

2016年4月7日、木曜日の夜です。

日本中医薬研究会では不妊症子宝専門講座や五官病(耳鳴り、めまい、鼻づまりなど)さまざまな専門分野に別れて中国漢方を勉強、研鑽しています。


その中で、今年の2016年度より新たに痺証専門部会が立ち上がり、私も会員として痛みやしびれの漢方相談の専門的な勉強を陶先生より受けています。

初年度の今年は会員数が10数人とこじんまりとしてアットホームな感じで痺証を勉強していて楽しいです。



「痺証(ひしょう)」とは通じてない、気血や経絡が流れにくくなるので痛みやしびれが起こる疾患の総称です。


リウマチや五十肩、腰痛、膝痛、神経痛など、すべて痺証のジャンルに入ります。


さて昨夜の研修会は「痺証に対する疏肝理気剤の応用」とのことで、疏肝理気(そかんりき)とはストレス、心因性の疾患に対処するという意味です。


痛みやしびれに関しても、憂鬱やストレスなどが絡んでいるのではないか?
という新たな切り口からの視線からの中国漢方の検討会でとても参考になりました。


症例発表では私の親友、とても尊敬する先生の提出されたレポートによります。




<現病歴>


10年ほど前から仕事場の工事現場で事故に遭い、背骨や頸椎を圧迫骨折、その後手足にしびれが生じる。

緊張や気温差で症状が悪化する。

冷え性、疲れやすい。

精神的なストレスも多い。



〇中医学的に分析すると


10年前の事故→虚証、ではどこの虚証?


背骨や頸椎の圧迫骨折→五臓の腎や精血の損傷

→人参や鹿茸が配合された漢方薬が望ましい。

しびれには5つの生薬も使える。


活血剤をもし使う場合には、3年から7年で採取される生薬が理想。


活血止血、痛み止め、怪我の病気にはピッタリの漢方。


しびれの場合には、外邪+気血不足


低体温、冷え性→陽虚


考えすぎる→肝気鬱結


疲れやすい→気虚



<舌診>

色は痰、苔は白い、形は裂紋あり。


→気血不足がある。



<漢方方剤>


心と脾は二陽に発する漢方薬
柴胡剤、疏肝するもの
人参と鹿茸が配合された漢方薬




<漢方の経過>

3回目まで調子が良かった。

4回目からは足首の痛み、しびれに漢方の処方を変更し
それで調子がいいです。








最後に総合的な中国漢方の痛み、しびれの痺証の学習です。



<痺証に理気剤の応用>





1)淤血による疼痛


「気は血の師」「血は気の母」


気と血(けつ)は分けられないから、気滞血淤(きたいけつお)といって気の滞りは血行不良につながりやすい。


川の水は流れないと腐る。

流れを淀みなく良くすることが大切。




2)女性の痛み


血(けつ)だけでなく、気の問題もある。

気とはイライラ、主人と口ゲンカ、子供にあたる。
仕事のストレス、家庭環境、不妊治療など


月経周期→気滞(月経前、排卵期)

月経前症候群(PMS),更年期障害など


疏肝理気、健脾養血で対策、逍遥丸など使いやすい。

中国でも逍遥丸はとても人気があります。



3)慢性的な疼痛


精神状態など→ストレス、疾患が長くなって痛みやしびれが治らないと焦る。

疏肝解熱、清熱→加味逍遥散など


イライラ、口渇があるときに向いている。→牡丹皮、山梔子が清熱作用がある。

ただし加味逍遥散は長くは使わないこと、

1ヶ月服用したら違う方剤に変更したほうがよい。


心因性疼痛→精神的な痛み


臨床では、3~6ヶ月くらい以上の慢性疼痛



〇原発性心因性疼痛 緊張性背痛、腰痛、頭痛、歯痛など

更年期障害疼痛



〇続発性心因性疼痛

筋膜性疼痛症候群(頚痛、腰痛)、繊維筋痛症、片頭痛








<心因性(気滞)疼痛の特徴>



1)部位が固定しない

2)体表に顕著な圧迫点がない。

3)だくるくて痛む(月曜日?土曜日?朝)

4)精神刺激(ストレス、胸が悶悶とする。苦しい)

5)睡眠障害

6)疼痛(肩こり、頸部硬直、腰痛、背痛など)



<理気止痛>


疏肝理気+活血化淤


漢方方剤では、逍遥丸、加味逍遥散、開気丸、柴胡疎肝湯など


香附子は女性に一番よく使われる生薬、調経作用をもち、生理を整える。

川楝子、延胡索は金鈴散といい中国では有名な漢方方剤。

理気止痛で気の巡りを良くして、痛みを止める。


活血鎮痛には3年から7年で採取される漢方


木香や柴胡、厚朴なども


中国の有名な先生、五十肩にストレス性疼痛として刺されたような痛みに、理気剤の漢方で遊走痛、精神刺激を和らげた

日本では逍遥丸、開気丸、冠元顆粒などを上手に使う


以上、勉強していて中国漢方とは大変に奥が深いものだ。

一体、疏肝理気の漢方は通常の痺証の方法にどこまで併用すればいいのか?

など今後の薬局店頭での漢方相談に応用していきたいと思いました。






こちらのコラムも参考にしてください。痛み、しびれに強い土屋薬局!


 膝の痛み漢方解消辞典
 痛み、しびれに中国漢方!
頭痛・肩こり・腰痛・リウマチ・神経痛の漢方対策
 左腕のしびれと左足の踵の痛み
上肢、腕のしびれ、踵の痛み、女性の痛みに
 坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛の漢方
坐骨神経痛、腰痛、椎間板ヘルニア、痛み、しびれ
 冷え性・左肘の痛み・背中熱感・足の無力感の漢方
冷え性で肘の痛み、背中の熱感、足がだるい
 リウマチの漢方療法の紹介
リウマチの漢方薬、リウマチの体質改善
 四十肩・五十肩の漢方療法の紹介
慢性の頑固な肩の痛み、肩関節周囲炎の漢方薬
 肩こりの漢方療法の紹介
漢方薬タイプ別肩こり解消法のご紹介
 脊柱管狭窄症、すべり症、坐骨神経痛の漢方
すべり症、脊柱管狭窄症など頑固な痛み、しびれに
 股関節の痛み、変形性股関節症の漢方
 スペインからの絵葉書
 脊柱管狭窄症に漢方の併用で調子がいい
 悩んだ腰から下の「縮こまるような」痛み・しびれも漢方薬で体質改善
 腰痛すべり症の漢方と漢方薬
 頚椎症、頚椎ヘルニアの漢方相談
頚椎症、頚椎ヘルニアの漢方相談
 ストレスなど心のメンタルからの痛み解放
慢性の痛みにはストレスが関係していると言われています
 慢性頭痛・各種神経痛の漢方相談
頭痛でお悩みの方へ、頭痛の漢方解消法
 膝痛、顔面神経麻痺、リウマチの漢方相談
膝痛、顔面神経麻痺、ベル麻痺、リウマチなど
 腰痛の漢方相談、生活養生法
 父の腰痛
腰痛の漢方相談
 坐骨神経痛治りますか?
坐骨神経痛の漢方相談
 首の頚椎症、ばね指、ヘパーデン結節の漢方薬
 坐骨神経痛の漢方相談
坐骨神経痛の漢方相談
 独歩顆粒について
 福島県郡山市での「みんなの漢方道場 公開講座」 
膝の痛み、変形性膝関節症
 独歩顆粒~健康で元気な毎日のために







冬寒く、夏は暑いという山形の厳しい風土で培った「痛みの漢方相談」を
全国の皆様も どうぞご利用してください。

漢方では一人一人の体質に合わせて相談していきますので、詳しくはご相談してください。

漢方相談は、
漢方相談室のフォームファックス(0237-49-1651)
お電話(0237-47-0033、0237-48-2550)で。



痛み、しびれの漢方相談に強い!山形の土屋薬局


詳しい漢方相談の方法はこちらです。


土屋薬局 中国漢方通信へ戻りましょう!