男性不妊の漢方/漢方の土屋薬局




週刊ポスト 新時代大特大号に 土屋薬局が取材を受けた記事を紹介します。

(週刊ポストさま、ありがとうございます)




バイアグラの登場で、すっかりED(勃起不全)も 病気として認知されるようになったが、それでも勃(た)たない悩みを医師に相談するのも なかなか はばかれるものだ。


現在、日本のED人口は 980万人と推定されている。

しかし、専門医やカウンセラーの多くは、実際にはもっとたくさんの男性が悩んでいるだろうと指摘している。

従来からある EDの治療法としては、塩酸パパベリンやプロスタグランディンといった血管拡張剤をペニスに直接注射する方法が知られる。


しかし、この場合は 病院で注射を受けて すぐにセックスしなければ効果があにため、実際には EDによる不妊に悩む夫婦などが最後の手段として行うくらいだった。


バイアグラが認可されて以来、EDは 自分で薬を飲むことで解決できるようになり、治療を受ける男性も飛躍的に増えた。

が、やはり治療の心理的負担は同じだし、高血圧や心臓病で使用できないケースもある。


妻とのセックスで、最初のうちは勃起するのに、いざ本番となると萎(な)えてしまう、いわゆるペニスの「中折れ」 に悩む40代後半の会社員はこういう。


「いくらEDが病気と言われてもやはり他人に相談する勇気はなかなか湧かない。

僕らの時代はどうしても勃たなくなったら男は終わり、という古い考え方にとらわれてしまう。

妻は、プレッシャーを与えるようなことはしませんが、期待に答えようとすればするほど、勃たなくなるようで最近は怖くてセックスできなくなっている」




ぜひ、本誌が集めた最強勃起グッズ情報を参考にしてほしい。









K 


アリには 人間に必須のさまざまなアミノ酸や、“セックスミネラル” といわれる亜鉛などが
ふんだんに含まれ、古来から滋養強壮、不老長寿として珍重されてきた。

アリを主成分としたものは多いが、一番ポピュラーなのが、「イーパオ」で、
ハト麦と葛(くず)を加えた粒状で 食べやすい。

「勃起力だけでなく、精子が少なくて子宝に恵まれなかった方からも、
“子供ができた!”との喜びの声が届いています」

(週刊ポスト 新時代大特大号より)





アリは 中国伝統の滋養品として、3000年の歴史があります。

また世界中の多くの国や地域の人々も アリを、ある種の良好な食品として見なしています。

食品としてのアリは ほかの食品と比べて、亜鉛、マンガン、鉄、セレン、カルシウム、マグネシウムなどの 元気向上のミネラルが豊富にかつバランス良く含まれています。

たんぱく質やアミノ酸、とくに人体にとって必須である 必須アミノ酸が8種類含まれているところが一大特徴です。

したがって、疲労回復を目的とする栄養補助食品として 最適です。



中国漢方では、ED(インポテンツ)の原因としては、2つの理由があると考えています。


1つには「腎虚(じんきょ)」の問題です。


中国漢方の経験によれば、五臓の「腎」は、両親から受け継いだ「精(せい)」を蓄えています。


これは、生殖、性交など、性ホルモンの分泌と言葉を置き換えれば分かりやすいと思います。



現在の日本人は「過労、ストレス、ダイオキシンなどの環境ホルモン、生体微量元素の亜鉛などのミネラル不足」な様々な問題に直面しています。


それらのダメージが積み重なったり、また体のエイジング、老化により「腎」に蓄えられている「精(せい)」は減少し、「腎虚(じんきょ)」が引き起こされるのです。


下半身に「腎精(じんせい)」という「球」が無ければ「空砲」になってしまいます。


西洋薬で 無理やりペニスを勃起させたとしても、人間らしい 男性の魅力や若さが戻ったとは言えませんし、最近、とくに話題になっている環境ホルモンによる精子数の減少も改善しません。


中国漢方では「空砲」にならないように、「精」という「球」を腎に詰め込み、体全身を若返らせます。



第2番めには「淤血(おけつ)」の問題があります。



淤血(おけつ)とは、血液がドロドロして、流れの悪くなった状態を指し、動脈硬化を引き起こします。


EDの原因として「いざ鎌倉!」のときに、陰茎の海綿体に 十分に栄養をもった血液が 流れないことが挙げられます。


下半身には、サラサラと流れる血液が必要なのです。


ところが「体全身のエイジング、老化や食生活の乱れ、お酒、タバコ、睡眠不足、ストレス」などの増大により、私達の血液はドロドロに汚れ、動脈硬化が始まります。


いわば、EDは、生活習慣病の一種と言っても良いでしょう。


中国漢方では「活血化お(かっけつかお)」と呼ばれる「血液サラサラ健康法」で男性の血液を浄化します。

下半身を元気にします。



(山形県 東根市 土屋薬局)



2)お客様の精力の体験談の漢方エピソード




1)40代後半の小売店経営者の精力の漢方相談



ストレスと過労で 精力減退となり、「元気がつくものをください」と来局。


「腎の精を補い、全身の血流改善など」期待して、精力の漢方薬を購入しました。


半月位飲んだら、疲れがとれ、精力もつきました。

ご主人様は とても気に入ったようで、その後 1年間ずっと服用しています。

最近は とても体調が良いそうです。(^^)






2)37歳男性の精力の漢方相談




最初は 奥様が不妊の相談で来店。

話の中で、ご主人の精子が少なく、性欲も少ない事がわかり、至宝三鞭丸とイーパオを勧めました。

これで、疲れなどの全身症状はとれ、ハードな仕事もがんばりが効くようになりました。

また、とても嬉しいことに 精子濃度、精子の活動率、精子の奇形などの改善につながりました。


服用し始めると1週間目位から 目に見えて元気が出てきて、本人さまは「精力がついてきて充実してきた感じ。これなら妊娠させられるかも」と喜んでいました。 


奥様は「主人は全体として元気になり、活力がでてきました。勃起したときのペニスの硬さとといい、大きさといい、まるで別人のようで驚きです!」と語ってくれました。


精力の漢方薬を服用し始めて 4ヶ月後の精子状態は、すべてにおいて 正常との診断を受けました。

ほどなく妊娠した模様で、翌年の10月に出産となりました。(^^)






3)55歳男性、ある商社の営業部長



過労とストレスで、ときどき 腰の痛みを感じるようになりました。

日頃、周りの人の腰痛の苦労を 目にしているだけに、恐くなって友人に相談。

これなら 疲れもとれ、痛みによく効くと精力の漢方薬を勧められました。


蟻という事で、最初抵抗を感じたが「ミネラル、アミノ酸のバランスが良い」という説明と気楽さに魅力を感じて精力の漢方薬を服用開始。


驚いた事に 3回程の服用で痛みが出なくなったのです。

ごく初期の軽症の段階なので、著効があったのだと思いますが、疲れがとれ、とても活力が出て来たので、そのまま服用を継続していました。


すると 1週間目くらいの時に、ある現象に気がつきました。

このところ すっかり忘れていた「朝の自然勃起」を自覚する様になったのです!


まるで、20代の頃に戻ったような充実感に驚いて「もしや精力の漢方薬?」友人に聞いたら「そうだよ、蟻のおかげだよ」と言われました。
                
                                
ごく自然な勃起で、朝、顔を洗っている頃には治まり、昼間はなんともないのであります。         


それでいて「いざ鎌倉!」という時には、立派に役に立ちます。

これで、仕事にも自信がつき、バリバリこなしています。(^^)

(商社マンのSさんの体験談です。ありがとうございます。)








<男性不妊の漢方対策 追加コラムです>2014/10/24

2014.10.23

精巣静脈瘤と無精子症でしたが、来月の2月が出産予定日とのことで感激して泣けてきました。あきらめなくて良かったです。

午前中に久しぶりに今年の3月19日以来に来店のお客様がいらっしゃいました。

実に半年ぶりのご来店です。


「ご報告があります」

「先生、私のことご存知ですか?」


という言葉に離婚などの最悪の事態も考えて一瞬、固まってしまいました。


ところが予想外なことに


「妊娠6ヶ月になり、来年の2月が予定日です。お陰様で戌の日も無事に迎える事ができました」


との言葉に私は感動してしまいました。

あまり泣くキャラクターではないのですが、思わず泣けてしまいました。


ご主人様のほうの男性不妊での子宝漢方相談でした。


体外受精はその時点で4回体験済みで妊娠されていませんでした。


精巣静脈瘤。無精子症で遠心分離器にかけて100個の精子


今回は今年の3月に主人が手術(TESE)をして、その精子と凍結卵がうまくいって胚盤胞になったもので妊娠されたそうです。


専門クリニックの先生も「奇跡の妊娠です」と言われたそうです。


平成25年9月2日からの漢方相談でした。


奥様のほうは甲状腺も治療して万全を期していました。


ちょうど同じころ、このお客様と一緒に漢方相談を始められたかたは死産後でしたが3ヶ月で妊娠しました。


ですから、ご紹介された当店のお客さまにも面目経ちましたし、ちょうど同じころに漢方相談された2人のお客様はみなさま妊娠!出産へとのことでハッピーエンドでした。


「漢方相談はお役立ちになりましたか?」


と問いかけましたら、


「先生が私の愚痴を聞いてくれたのでそれで助かりましたし救われました。あきらめなくて良かったです」


「こんな主人と結婚しなければ、今頃は子宝に赤ちゃんに恵まれたのに。と先生に愚痴を言っていたことが遠い昔のようです」


とのことでした。

今後ともこの良かった体験をばねに、新しいお客様たちにも喜んでいって頂きたいです。


今回の漢方相談は夫婦関係にも、そしてご両家にとっても幸福と平和につながりましたので、天下泰平に貢献したと思います。


(漢方はご主人様にも、奥様にも服用してもらいました。わたしは明治天皇の玄孫に似ているとご冗談を言われるくらいすごくお話をいつも店頭でしていました。confident


リンゴ

<2014年10月7日>

東根市神町はリンゴの季節です。






<男性不妊の漢方対策 追加コラムですその2>2014/10/24

2013.07.19

あきらめかけていた妊娠ですが、先生に励まされ、あきらめずにがんばってきて本当によかったです!

Nさまより掲載許可を頂きましてコラムを作成させて頂きます。


「ココログで紹介の件、問題ありません。

私も、出産された方の体験談は励みになっておりましたので、私の体験がまたどなたかの励みになれば何よりです。」


ありがとうございます。

Nさま35歳のときの漢方相談でした。


○平成22年5月8日

山形から仙台の不妊専門クリニックに通われていました。

1回目の顕微授精はその前年の2月

ショート法で1個採卵

うまくいったのですが8週目で完全流産でした。


ご主人の精子が少なめです。


2回目の体外受精がその前年の9月

卵が5個とれて体外受精と顕微授精の2つの方法をしまして、卵を戻しましたが結果がでませんでした。

5個のうち3個受精、1個戻しました。

残りの卵はグレードが悪くて1個だけ凍結できました。


漢方相談では

☆高温期が短いこと

☆体調を整えたい

☆高プロラクチンでテルグリドを服用していたことがあった。
(いまは正常値)

☆排卵期に不正出血があること


これらの点を中心に漢方相談していきます。


養血調経の漢方を中心にして、その後漢方を休薬されて1年後


○平成23年5月26日

AMHが6・4

主人の精子は体外受精をできるレベルでした。

1回治療を始めましたが駄目でした。

採卵はなかなか卵が採れませんでした。

3個のうち1個が正常に育って3日目9分割で戻しました。

見た目も綺麗で良かった。

アンタゴニスト法でセトロタイドを使いました。


漢方は、婦宝当帰膠、参馬補腎丸、爽月宝の3種類


その後、8月に移植できれいな胚でしたが結果がでませんでした。

AMH8.4


ご主人様も漢方で体調を整ていきます。

大柴胡湯など。



翌年 平成24年1月25日

月経周期が24〜25日 

生理痛はありません。

高温期が短いです。

排卵日は12〜13日目

血塊があります。

生理3〜4日目に経血量が多いです。

4月から通院の予定です。

左足首から下がいつも冷えています。


いい卵をつくるために


婦宝当帰膠、紅沙棘、海精宝、杞菊顆粒



その後めでたく妊娠!と嬉しいご報告でした。


○平成24年7月4日

「実は、先月治療を再開し、採卵、たった一つできた受精卵を移植したところ、先週、尿検査で陽性の反応があり、病院での血液検査でも妊娠を確認できました。

明日、5W0Dで診察にいきます。胎嚢が確認できればよいのですが・・・。

うれしい反面、流産の経験もあることからとても不安を感じています。

何かよい処方がありましたら、教えてください。」


婦宝当帰膠と参馬補腎丸、二至丹の3つをお勧めしました。


そして

今年の平成25年4月23日

「遅くなりましたがご報告を・・・

3月8日に無事女児を出産いたしました。

高齢のため不安も大きかったのですが、妊娠中も体調を崩すことなく、順調に経過し、お産を迎えることができました。

1ヶ月検診を終え、娘は順調に育っております。

先生には長きに渡り体調に合わせた処方をしていただきありがとうございました。

あきらめかけていた妊娠ですが、先生に励まされ、あきらめずにがんばってきて本当によかったです。

こうして我が子を抱くことができ、先生には大変感謝しております。

本当にありがとうございました!」


嬉しいメールを頂きまして、こちらもとても嬉しく思いました。

土屋薬局からは出産祝いのアルバムをお贈りです。


お子様、健やかにすくすくと成長していって頂きたいです。

Nさまどうもおめでとうございました。

ご一家の末永い幸せとご健康を心より祈念申し上げます。



榛名山からの眺め

<2013年7月14日 榛名山からの眺め、眼下には榛名湖>

榛名山

榛名山ロープウエイから山頂まで少しばかり歩いていきます。

シモツケソウ

道中、シモツケソウが綺麗に咲いていました。

下野の国が近いだけに、いっそう親しみを持ちました。

お子様も可憐に元気に育っていって頂きたいです。

このたびはどうもおめでとうございました。



男性不妊の漢方対策 追加こらむその3 2013.06.28

男児と女児で元気な産声を上げて私たち夫婦のもとに産まれて来てくれました。

「掲載大丈夫ですよ。私たち夫婦のような不妊症に悩む人に子供が授かればいいなと心から思います。アルバムありがとうございました。アルバムまだ買ってないのでファーストアルバムに使わせて頂きます。」とお客様のEさまの掲載許可を頂きました。

ありがとうございます。



○平成23年2月3日


Eさま 32歳のときのご相談でした。

結婚2年目です。

高プロラクチン、卵巣機能低下が分かりました。

プロラクチンは50でカバサールで下がりました。

今現在はカバサールは服用していません。


ご主人様は閉塞性無精子症が分かり、TESEをしています。

1回、顕微授精をして10個卵胞が育って7個採卵して4個成熟卵で4個とも受精しまして1個を戻したのですが、
結果は陰性で残りの3個は胚盤胞まで凍結できませんでした。

フラグメントが多かったそうです。

また採卵から始めていきます。


初潮13歳 月経周期は26〜28日で生理は5日間です。

FSHは13、LH10、E2 35(生理3日目)です。


舌ベロがやや暗い感じでしたので淤血(おけつ)と判断して、

婦宝当帰膠、水快宝、冠元顆粒、蓮心茶とお勧めさせて頂きました。


ご主人様には食用アリ製剤をお勧めです。


その後、ご主人様は精管をつなげる手術も行い懸命に努力された結果、


○平成23年9月20日

Eさまの仕事も落ち着いて体調も良かったので、2回目の顕微授精をされました。

そして妊娠されました。

双子とのことでした。


「心拍確認出来るまでまだまだ不安で心配です。

双子なのからか、もうすでにつわりがあります。

つわり、流産も心配なので安胎とつわり予防の漢方お願いします」


○平成24年4月24日


「ご無沙汰しています。

妊娠中はつわりが25週すぎまであり、漢方も飲めずやめてしまいましたが、35週4日と早産でしたが、無事出産の運びになりました。

男児と女児で元気な産声を上げて私たち夫婦のもとに産まれて来てくれました。

妊娠生活を楽しもうと思っていましたが、全然楽しめるものではなかったです。

長いつわりが終わったと思ったら、その後切迫早産になり入院し、最後は陣痛が来てしまうと同時にヘルプ症候群疑いになってしまい、緊急帝王切開になりました。

しかし、子供たちが母体が限界と気遣ってか?自分たちで誕生日を決めて産まれてきてくれました。


正直双子妊娠がこんなに大変と思いませんでしたが、無事出産出来たのは、支えてくれた皆さんのお陰と思っています。

この感謝の気持ちを持ちながらこれから育児楽しもうと思います。

今のところ二人は母乳を飲んだら寝てくれる手のかからない子供たちで、十分休める状態です。

これからも土屋さんにお世話になることがあるとおもいますが、その時はよろしくお願いします。」


その後、ご主人様からもお葉書を頂いたり、漢方相談を担当させて頂きまして良かったなあと心から嬉しく思っています。

Eさまご一家の末永いお幸せを心から願っております。(^^)



Eさまご一家にお贈りする写真です。

初夏の最上川 三ヶ瀬の流れ


最上川 三ヶ瀬の流れ


<2013年6月16日撮影 最上川 三ヶ瀬の流れ>

最上川 三ヶ瀬の流れ


胸がいっぱいになるかのような三ヶ瀬の流れです。

大好きな風景ですので時々、無性に眺めに行きたくなります。


葉山

ああ、葉山よ


葉山


お子様たちには今後、人生の激流も乗り越えていって頂きたいです。

雄大に元気にお育ちになって頂ければ嬉しいです。

このたびはどうもおめでとうございました! \(^o^)/





男性不妊の漢方対策 その4です。

「胚盤胞までいかないので戻せない」というお客様から嬉しい年賀状

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


今年頂いた年賀状には嬉しい報告も多かったです。

今年頂いた年賀状には嬉しい報告も多かったです。<br />


一番上の「土屋薬局 こうたろう先生」と宛名に書いている年賀状など嬉しかったですね。


地元のS市のお客様で、平成15年12月から漢方相談をしていました。

昨年の11月にはご出産されたとのことで、とても嬉しく思っているところです。


雑誌で周期療法に興味をもって、日本中医薬研究会のホームページから当店を選んで来店されたそうです。


その方は、交友関係が広い人で、同い年のお友達2人も当店に紹介して頂きましたが、お2人ともご懐妊、ご出産されています。

みんな明るい感じのお客様たちでしたので印象に残っています。


「ごぶさたしております。

お陰さまでママになりました。

一緒にお世話になってた友人もママになりましたよ!

ありがとうございました。」


とのことで、私たちスタッフも喜んでおりまして、早速に昨日のうちに「出産お祝いのアルバム」をお送りさせて頂いたところでした。


もう一人のかたは看護師さんで、夜勤もあり、なかなか大変なお仕事でしたが、めでたくご出産されたとのことで、こちらのお客様にもアルバムをお送りしました。

(妊娠4ヶ月のときでも、けっこうお腹が大きい状態で来店されたときも「まだ夜勤しています」とおっしゃっていましたので、看護師さんの仕事は崇高で大変な仕事だと思いました)


もう一人のかたの年賀状は、過去に人工受精3回、体外受精4回をされたお客様です。


凍結胚移植の方法で5回目をされるにあたり、漢方で「体外受精のバックアップを」とのことでした。

実施する3ヶ月前から、奥様には4種類の漢方薬、ご主人には補腎の漢方薬をお勧めしました。


補腎の漢方薬は、精子の状態を良くしますので、体外受精も成功しやすいです。

ICSI(顕微受精)でした。

胚盤胞まで5ついって、そのご判定日は陽性で、切迫流産で入院したものの、その後の経過は順調とのことで、
今年の4月に出産のご予定だそうです。


漢方を服用するまえは、3分割、4分割がやっとということで、過去に8分割まで行ったことが最高でした。

当初の相談は「胚盤胞まで行かないので戻せない」ということでしたのでとても良かったと思います。


奥様は漢方を服用するのが苦手だったものの、ご主人様が一生懸命で良い結果になりました。


年賀状には「漢方パワーはスゴイ。ありがとうございました」のコメントがあり、当店としましてもとても嬉しかったです。


最後の年賀状のお客様は、平成15年のときからのご相談でした。

無精子症の男性不妊でのご相談でしたが、可愛い赤ちゃんの写真がありました。

こちらのお客さまたちもとても良かったなあ〜と喜んでおります。


今年は「戌年」ですが、スタッフの言葉では犬は安産の象徴なので、腹帯(はらおび)をするのにも、「戌の日」を選ぶそうです。

とにかく良かったです。

皆様、おめでとうございました。





男性不妊の漢方対策 その5


男性不妊で顕微授精10数回しても失敗に終わっている漢方対策

一昨日の夜、火曜日にテレビ電話で全国の漢方薬局を結んでの「中医婦人科不妊症漢方専門講座」が行われました。


テレビ上では、長崎の先生がお店を改築して、漢方薬局を新装オープンされたこと。


また一緒に学んでいる先生が、先月に40代でお子様を出産されたこと。

など、パチパチパチと拍手をすることが多かったです。


40代でご出産された漢方薬局の先生。

やはり先生ご自身、参茸補血丸や双料参茸丸などの、動物生薬が配合された「最高級の補腎薬」「補腎精の漢方薬」を服用していたそうです。

その出産された先生のお店では、40代のかたのご懐妊がけっこう多いそうです。

さすがでございます。

補腎の漢方薬は「若返り」で「卵胞」に効果的です。


冒頭では、先月に「中医不妊症漢方専門講座」で広州での研修の中身なども紹介されました。


習慣性流産を中医漢方学的なアプローチでの勉強だったようです。


(私は、「武漢へ」行っていましたので、「広州」はお休みです)



○習慣性流産


腎虚(じんきょ)と脾虚(ひきょ)が流産の原因の80%を占める。


漢方では、双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、衛益顆粒(えいえきかりゅう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)など、さまざま応用できる。

妊娠したら、安定期(12週くらい)まで「安胎(あんたい)」することが大切。


双料参茸丸は、素晴らしい処方だそうです。


次に、今回の勉強会のテーマに入ります。


顕微授精10数回しても失敗に終わっている不妊症に悩むお客様の話でした。


奥様も、「月経周期を整える子宝の漢方療法」でがんばって治療しているが、なかなか妊娠という結果がでないので、不妊の対処法を先生方で検討していきました。


結論は、「ご主人様も一緒に漢方治療をしたほうが良いでしょう」です。


通常であれば、顕微授精(ICSI)は成功率が高いので、10数回も駄目なのは、精子の質も良くしたほうが良いです。


いわば「男性不妊漢方」の範疇になります。



○奇形精子について


1:原因


薬物(抗生剤など)、精索静脈瘤、ストレス、アレルギー、内分泌失調、アルコール、タバコ、有害物質(放射線など)


2:奇形精子の漢方的治療

補腎薬(ほじんやく)を主とする。


3ヶ月を1クール。


精子は、3ヶ月くらいがサイクルなので、3ヶ月は漢方を続けたほうが良い。


体質別に治療法を分けます。



☆腎陽不足(じんようぶそく)→補腎薬(参馬補腎丸、海馬補腎丸など)+食用アリ製剤(イーパオなど)


この体質の人は冷え性や疲れやすい、いわゆる虚弱体質が多い。



☆陰虚火旺(いんきょかおう)→瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)+イーパオ


のぼせて、ほてりやすい体質が多いです。

口渇などもあります。

また、タバコやアルコールは、体の「腎陰(じんいん)」を消耗するので、辛いものなども含めまして養生が大切です。


睡眠不足も、腎陰(じんいん)と腎陽(じんよう)ともに、減らしていきまして、そうなると、「腎の精力」が減ってしまいます。


いわゆる「精力減退」につながりますので、仕事のし過ぎ。

つまり帰宅時間が遅くて、その上、帰宅後にお酒を飲んで、夜の就寝も遅くなる生活習慣は改善したほうがいいと思います。



☆淤血(おけつ)の場合

→精索静脈瘤など。

補腎活血(ほじんかっけつ)など。


補腎薬プラス水快宝(すいかいほう)などの「水蛭製剤」など使いやすい。


「ヒル(水蛭)」は、虫類などで「経絡を通す」ことに優れていますので、男性不妊の「経絡を通す」ことにも有効です。



☆タバコ、アルコールをやめる。

熱い風呂に入らない。

(サウナも止めたほうがいいでしょう)



☆性欲が落ちているときには、瀉火補腎丸よりも、ほかの処方を検討したほうがいいでしょう。





男性不妊についてのコラムその6 

男性不妊について Modern ARTの光と影

お客様から、男性不妊の相談も寄せられます。


以前にメールマガジン2007年2月15日号にアップした内容を再度、ココログに掲載します。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  1.巻頭コラム 「男性不妊について Modern ARTの光と影」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「とってもためになる!中国漢方セミナー」では、数号に渡りまして、「男性不妊」を特集しております。


男性不妊は不妊の原因の30〜40%を占めると言われます。


検査では、精子の量や、濃度、運動率(高速運動率)、奇形精子症、白血球数などを検査します。


私は、来月3月に不妊カウンセラー試験を受けますので、少しずつ勉強しています。

過去に「不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座」に参加したことから、補足したいと思います。


○第18回「不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座」より


「男性不妊治療とART(体外受精)」


帝京大学医学部泌尿器科 岡田弘先生の講演から私のメモ書きなどの紹介

○東京では、帝京大学や東邦大学くらいが男性不妊を扱っているくらいで、「男性不妊外来」に対しては、泌尿器科はあまり興味をもっていない。

怠慢がある。


○男性不妊の有病率


20〜40歳の男性の人口は約1800万人

三分の二が結婚するとして、1200万人がカップルを形成する。

10−15カップルに1カップルが不妊である。

不妊原因は、男性因子=女性因子の割りアリ

したがって、80〜120万人の男性不妊患者が存在する。


○男性不妊患者の治療

現状の把握 17%が泌尿器科

80%は、婦人科のARTのクリニックに行っている。


(ARTとは、assisted reproductive technology のことです。

高度生殖医療あるいは補助生殖医療という意味になります)

○現状の把握

生殖医療はどこまで進歩したか?


1978年 

Steptoe and Edwaeds, Lancet

世界初の体外受精児の誕生

(test tube baby :試験管ベイビー)


1992年

Palermo,et al ( Hum. Repord)

射精精子を用いてICSI(顕微授精)で産児を得た。



外来診療


男性不妊患者診察の流れ


1)問診

2)理学的検査(身体所見)

3)精液検査、内分泌的検査、染色体検査・遺伝子検査

4)超音波検査・レントゲン検査

5)精巣組織検査ならびに精巣精子採取

「問診表について」


1)最近は多いのは、性行為が「週に0・25回」です。

0・25回というのは、これは月に1回のSEXです。


最近、この数字が増えてきています。

これは、婦人科における「タイミング法の指導」が原因。


あまり過度に「タイミング、タイミング」といっても私たち男性は萎縮してしまう。

2)次に そけいヘルニアの手術を受けたことがあるかの既往歴も大事です。


この手術を受けた患者さんの4人に1人は、精管が詰まっています。


35歳以上の患者さんに多い。


子供のときにヘルニアの手術をしている。

閉塞性で詰まってしまっています。


髪の毛2〜3本の大きさで精管は分かりにくい。


当時は、そのことが分かっていなくて、(男性不妊になること)、意識されずに手術をしていたので、そうなってしまった。

(いま現在では、そのようなことは起こり得ない)


トレーニングを受けていない医師の手術を受けるとそうなる。


3)おたふく風邪→精子形成を乱す


4)うつ病の薬、SSRIで射精できなくなる。→SEXできなくなる。


射精しやすい薬はない。


膣内射精障害→タイミング指導で射精できなくなる。

男はナイーブなので、射精は簡単にできない。

5)タバコについて


→こどもへのモチベーションの問題


私が指導すると、ほぼ9割は禁煙しています。

○精液検査


絶対視してはいけない。

とくにMakler(マクラー)の計算盤はいい加減です。


使って100回くらいで磨り減ってしまう。

マクラーの計算盤は駄目。×。


精子数200万と1000万も区別できない。


測定誤差が大きい。10%以上ある。


「フローサイド」が正確。

○精子運動率は、誤差が大きい。

精子奇形率は、あまり意味が無い。

○閉塞性無精子症の治療


TESE(ティーズ)が一番。

MESA(メサ)は精巣上体から精子を摂取するから駄目。

精巣上体から精子を採取するので、次回の治療につながらない。

(精巣がボロボロになる…)

○無精子症のかたの治療で、ICSI(イクシー)で男児が生まれた場合には、男の赤ちゃんの場合には、男性不妊がそのまま遺伝している。

次世代もICSI(顕微鏡受精)をしなくてはならない。


精子形成障害が遺伝する。


Modern ARTの光と影


ということで、岡田先生は泌尿器科のプロとして、産婦人科の医療にも「男性の立場」から意見を述べつつ、現在の最新の生殖医療について熱く語って頂きました。

私もこのような場で勉強できることの幸せを感じました。


薬剤師・不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎


親子三人からの残暑見舞い」もどうぞ参考にしてください。


こちらの「漢方相談表」をご利用してください。


土屋薬局では、男性の健康を真剣に考えます。

体全身から、若返りましょう!

詳しくご相談される場合には、こちらまで↓




詳しい漢方相談の説明はこちらです。


アリパワーで元気はつらつ!

 男の若さと健康を提案する! 山形の土屋薬局


土屋薬局 中国漢方通信へ戻りましょう!